投資信託の安全性とはいかほどか

貯蓄から投資の時代へ、証券会社のみならず銀行までが証券投資へ斡旋を強化しています。現在の銀行預金利息は、0.02程度と極度に利息では、暮らしていけない時代です。銀行としても、利息収入では採算が採れない時代。下手な融資先に貸し出ししてごげついてしまっては、行員の高い人件費を稼ぐことは、不可能になってきました。そんな中で、人件費を稼がなくてはならない銀行は手数料収入を頼りにしています。手数料収入とは、たとえば、振込の手数料だったりするのですが、インターネット専業の銀行では、手数料無料となったりして、なかなか競争相手が居る中で苦しい経営戦略を強いられています。そんな中で安定的な手数料収入を得られる投資信託などの商品は格好の商品です。
また投資信託は、顧客から得られる手数料だけではなく、投資信託委託会社や運用会社からの収入が大きく、その規模は無視の出来ない数字となっています。そのため、各銀行では、証券子会社を作ったり、既存の店舗で投資信託などの預かり資産に力を入れています。特に比較的安全性の高いと言われる配当が出るタイプの投資信託は、銀行も力を入れていますし、顧客も興味を持っています。しかしながら、安全性が高いと言っても元本保証ではないので注意が必要です。

消費者金融も合法的な取り立てしかできない

です。
しかし、たとえ債務者がお金を返さないからといって、債権者がどんな取り立てでも自由に行えるわけではありません。なぜなら借金の取り立ては、貸金業規制法という法律を守って行わなければならないからです。それには幾つかの禁止行為がありますので、それは消費者金融といえども守らなければなりません。
禁止行為とは、一言で言うと債務者を脅迫したり、その私生活や職務の平穏を脅かすような言動のことです。たとえば債務者の自宅や職場をむやみに訪問したり、何度も電話などをしてもいけません。特に深夜や早朝などは厳禁です。また、債権者は債務者の情報を人に知られないように守らなければならず、借金返済のために他社から借り入れをさせようとしてはいけません。もちろん、連帯保証人でもないのに債務者の身内などに返済を肩代わりさせるようなことをしてもいけません。
もしも違法な取り立てに遭って困るようなことがあれば、速やかに警察などの専門機関に相談することが必要です。